最新のAIトレンドが分かる、AIによる営業力強化の資料を配信

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:西江 肇司、東証プライム:6058)の子会社であるOwned株式会社(東京都品川区、代表取締役社長、石井翔、以下「当社」)は、AIの最新トレンドをまとめた「商社(卸)業界向け*AIによる営業力強化」の資料の2024年4月版(全41ページ)を無料公開いたしました。

 

 

 

 

 

今回のAI最新情報トピックスは下記の通りです。

・2024年3月のAIニュース
 ・米国のAIスタートアップ「Anthropic」が「Claude 3」を発表
 ・株式会社ELYZA「ELYZA-japanese-Llama-2-70b」を発表
 ・楽天グループ株式会社「Rakuten AI 7B」を公開
・商社(卸)業界での営業力強化のためのAI活用術

2024年3月に入り、米国のAIスタートアップ「Anthropic」は、新しいモデル「Claude 3」を発表しました。Claude 3は、Anthropicが開発した大規模言語モデル群で、直接対話を通じてアイデアのブレインストーミング、画像分析、長文ドキュメントの要約などが可能です。また、楽天グループ株式会社は、日本語に特化して最適化されたオープンで高性能な大規模言語モデル(LLM)「Rakuten AI 7B」を公開いたしました。

AI(人工知能)の活用によって、幅広い産業で作業の効率化と自動化を実現し、ビッグデータの解析と組み合わせることで、より最適なビジネスの意思決定を支援できるようになりました。AIの最新トレンドを把握することは、テクノロジーの進化に迅速に適応し、競争上の優位を保持するために非常に重要です。

本レポートを通じて、AIの最新トレンドを理解していただけます。また、商社(卸)業界での営業力強化のため、AI活用術についてのAI情報にも注目です。

 

 

 

 

 

AIはCRM(顧客関係管理)システム、ソーシャルメディア、ウェブサイトの訪問履歴、購買履歴などから顧客データを収集します。異なるソースから収集されたデータを統合し、類似の行動やニーズを持つ顧客グループを特定します。これにより、ターゲットを細分化し、よりパーソナライズされたアプローチが可能になります。

顧客の行動パターンを分析し、各顧客ごとの状況や単価などをもとにセグメント分けを行い、購買意欲の高い顧客や特定の製品に興味を持つ可能性が高い顧客を識別することで、営業力の強化に役立てることができます。

本レポートを通じて、AIを活用することで、以下のそれぞれの営業課題に対してどのように適切にアプローチすることができるのかを理解していただけます。

・いつ営業するか
・誰に営業するか
・どのような内容で営業するか


AIをこれから取り入れようと思っている方におすすめの内容です。

 

 

 

~デジタルマーケティング支援について~
医療・ヘルスケア・ライフエンディング等の人々の人生に関わるレガシーな領域を中心に、クライアント様のデジタルマーケティング支援を通して事業のバリューアップをサポートします。各クライアント様の専門チームが、新規顧客の獲得と顧客価値最大化を目指して、広告運用・SEO・SNS等のデジタルマーケティングの企画立案から実装まで一気通貫で支援いたします。

~Owned株式会社について(https://owned.co.jp/)~
2020年創業。東京都品川区。
代表取締役、石井 翔。大学在学中に株式会社終活ねっとにジョインし、わずか2年半で月間1,000万PVを叩き出したメディアの幹部として運営に携わる。株式会社終活ねっとがDMMにジョインするタイミングで、Owned株式会社を立ち上げ「デジタルの力で企業活動を一歩前に」「DXで健康のアンフェアがない世界を創る」というビジョンを見据え、「DXコンサルティング事業」「オンライン診療事業」の2事業を展開。2023年7月に役員陣で保有していた株式の一部を株式会社ベクトルに売却し連結子会社化。