ホワイトペーパーを用いた効果的なリード獲得戦略をまとめたレポートを配信

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:西江 肇司、東証プライム:6058)の子会社であるOwned株式会社(東京都品川区、代表取締役社長、石井翔、以下「当社」)は、「テクノロジー業界向け潜在層顧客を良質なリードにするホワイトペーパー活用方法(全30ページ)」を無料公開いたしました。

 

 

 

 

本レポートでは、潜在層顧客を良質なリードにするホワイトペーパー活用方法について解説しています。

ホワイトペーパーによる専門的な知識やデータは、読者の企業に対する信頼性を築く効果が期待できます。具体的な問題解決事例などの有益な情報提供によって読者の購買意欲を促進することで、潜在層顧客が質の高いリードに転換する可能性を高めることが可能です。

また、ホワイトペーパーはデジタルマーケティング戦略において重要な役割を果たします。例えば、ダウンロードの際に連絡先情報の提出を求めることで、潜在顧客のデータベースを構築でき、後続のマーケティング活動やセールスアプローチに活用することが可能です。

このように、ホワイトペーパーは読者との関係を築き、最終的には良質なリードへとつなぐことができる重要なツールです。本レポートを通じて、ホワイトペーパーの活用方法を理解し、。事業運営にご活用ください。

 

 

 

本レポートでは、業界別ホワイトペーパーの効果的な活用事例や、弊社のホワイトペーパーの活用実績もご紹介しています。

例えば、デジタルマーケティング業界のホワイトペーパーでは、ユーザー行動の分析デジタルマーケティング戦略の最適化など、さまざまなトピックについての深い洞察を提供する手段として活用されます。具体的な事例として、ある大手ソーシャルメディア企業が消費者の行動パターンと広告の効果に関する包括的なホワイトペーパーを発行したケースがあります。

ホワイトペーパーはB2B(企業間取引)において顧客獲得や信頼構築のための有力なツールとなり得ます。本レポートを通して、業界別の事例をもとに具体的なホワイトペーパーの活用方法を理解することが可能です。

潜在層からのリード獲得を狙う際に、ホワイトペーパーの活用を検討されている方におすすめの内容です。

 

 

 

~Owned株式会社について(https://owned.co.jp/)~
2020年創業。東京都品川区。代表取締役、石井 翔。大学在学中に株式会社終活ねっとにジョインし、わずか2年半で月間1,000万PVを叩き出したメディアの幹部として運営に携わる。株式会社終活ねっとがDMMにジョインするタイミングで、Owned株式会社を立ち上げ「デジタルの力で企業活動を一歩前に」「DXで健康のアンフェアがない世界を創る」というビジョンを見据え、「DXコンサルティング事業」「オンライン診療事業」の2事業を展開。2023年7月に、世界7位、アジアNo1*のPRエージェンシーのベクトルグループに参画。同月にホワイトニング事業、プロケアホワイトニングを開始した。