株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:西江 肇司、東証プライム:6058)の子会社であるOwned株式会社(東京都品川区、代表取締役社長、石井翔、以下「当社」)は、「人材業界向け|新卒・第ニ新卒の新規獲得とファン化を効率的に実現するLINE活用戦略レポート」の2024年6月版(全28ページ)を無料公開いたしました。

 

 

 

 

本レポートは、人材業界向けに「人材業界向け|新卒・第ニ新卒の新規獲得とファン化戦略」についてまとめています。

総務省のLINE利用率調査によると、LINEの年代別の利用率は10-60代の全ての年代で85%以上となっています。全年代の利用率は、LINEが94%、youtubeが87%となっており、他の媒体と比較しても利用率が圧倒的に高いことがわかります。

特に、新卒・第二新卒にあたる1990年代後半頃〜2000年代前半頃生まれ世代のLINE使用率は90%以上で、20代に着目すると98.6%もの人が使用しています。新卒・第二新卒をターゲットとしたマーケティング活動にLINEを適切に活用することで、売上の拡大が期待できます。

近年、飲食店や美容業界、ECでもLINEを活用した顧客獲得・ファン化の事例が増えており、サービス提供者が生活者との接点をつくるためのツールとして活用されています。

LINEの友達登録を促すことで潜在顧客データベースを構築し、後続のマーケティング活動やセールスアプローチに活用することが可能です。例えば、クーポンの配信や新商品のお知らせなど、LINEに登録したユーザーに対して様々なアプローチを実施することができます。

このように、LINEは生活者とつながり、最終的には顧客獲得やファン化を可能にする重要なツールです。

本レポートを通じて、人材業界で事業を運営する際のLINEの活用方法を理解していただけます。

 

 

 

本レポートでは、業界別にLINEを活かした効果的な活用事例を紹介しています。

あるレストランチェーンでは、LINEを通じて予約確認やリマインドメッセージを顧客に送信することで、予約の無断キャンセルを減少させています。店内に掲示されているPOPや声かけなどで顧客のLINEの友達登録を促し、活用することで顧客とのコミュニケーションが強化され、売上の向上にも繋がっています。

また、LINE運用システムでは、より詳細にセグメント分けした公式LINEからのメッセージ配信が可能です。例えば、サブスクリプション型商材の場合、顧客の契約期間、契約コース等さまざまなセグメントに分けた配信を定常送信することもできます。これらは、顧客毎の適切なアプローチを可能にし、アップセルや解約阻止、お客様満足度の向上に寄与します。

本レポートでは、業界別の事例や弊社の実績をもとに具体的なLINEの活用方法を理解していただけます。

LINEを用いた効果的な集客をご検討されている方におすすめの内容です。

 

 

 

~Owned株式会社について(https://owned.co.jp/)~
2020年創業。東京都品川区。代表取締役、石井 翔。大学在学中に株式会社終活ねっとにジョインし、わずか2年半で月間1,000万PVを叩き出したメディアの幹部として運営に携わる。株式会社終活ねっとがDMMにジョインするタイミングで、Owned株式会社を立ち上げ「デジタルの力で企業活動を一歩前に」「DXで健康のアンフェアがない世界を創る」というビジョンを見据え、「DXコンサルティング事業」「オンライン診療事業」の2事業を展開。2023年7月に、世界6位、アジアNo1*のPRエージェンシーのベクトルグループに参画。同月にホワイトニング事業、プロケアホワイトニングを開始した。