富裕層マーケティングの手法や事例をまとめたレポートを配信

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:西江 肇司、東証プライム:6058)の子会社であるOwned株式会社(東京都品川区、代表取締役社長、石井翔、以下「当社」)は、富裕層の顧客維持率にお悩みの方向けに「顧客維持率を最大化するための最新トレンド・事例紹介のレポート」の2024年6月版(全31ページ)を無料公開いたしました。

 

 

 

 

本レポートでは、富裕層の顧客維持率にお悩みの方向けに効果的なマーケティング手法や事例を紹介しております。

富裕層は、高級品やプレミアムサービスの主要な購買決定者であり、特にラグジュアリーブランド、不動産、高級自動車などのサービスに大きな影響を与えます。富裕層は経済的余裕があり、消費行動は高品質な体験や個別にカスタマイズされた商品に偏ります。富裕層はその購買において品質を最も重視し、健康、教育、環境への投資にも積極的です。

富裕層の顧客維持率を高めることは、ビジネスに多くの利点をもたらします。富裕層顧客は高い支出能力を持っているため、継続的な顧客として保持することで、企業の利益は大きく安定します。さらに、既存顧客を維持する費用は新規顧客を獲得する費用に比べて低いため、効率的な資源の使用が可能です。長期にわたる顧客関係は、ブランドへの親近感を育み良い口コミが広がることで新規顧客の獲得もスムーズとなります。

このように、富裕層の顧客維持は企業の収益性、ブランド価値、市場競争力の向上に直結します。本レポートでは、富裕層マーケティングと購買プロセスにおけるキーとなる要因を解説し、最適なアプローチ手法をご紹介します。本レポートを通じて富裕層の顧客維持率向上に効果的なマーケティング手法を抑え、事業運営の際にご活用ください。

 

 

 

富裕層ビジネスの重要分野には、健康食品、高級化粧品、ゴルメ、高級不動産、宝飾品、金融商品などが含まれます。これらの商品やサービスは、富裕層の高い健康意識や高品質な体験への需要に応じています。

効果的なマーケティング手法には、SEO対策を施したウェブサイト、SNS広告、専門誌やプライベートクラブでのプロモーションがあります。また、デザインとブランディングでは、洗練された高級感のあるビジュアルを用いて、一貫性のあるブランドイメージを確立することが求められます。

富裕層向けビジネスで顧客維持率を向上させるにはまず、製品やサービスの品質を一貫して維持し、顧客の期待値を適切に管理することが重要です。また、定期的なフィードバックを通じて顧客とのコミュニケーションを強化し、パーソナライズされたサービスを提供します。さらに、新しい体験や限定商品の提供により、顧客の興味を刺激し続けます。

これらの戦略を組み合わせることで、顧客との長期的な関係を築き、顧客維持率の向上へとつながります。

 

 

 

~Owned株式会社について(https://owned.co.jp/)~
2020年創業。東京都品川区。代表取締役、石井 翔。大学在学中に株式会社終活ねっとにジョインし、わずか2年半で月間1,000万PVを叩き出したメディアの幹部として運営に携わる。株式会社終活ねっとがDMMにジョインするタイミングで、Owned株式会社を立ち上げ「デジタルの力で企業活動を一歩前に」「DXで健康のアンフェアがない世界を創る」というビジョンを見据え、「DXコンサルティング事業」「オンライン診療事業」の2事業を展開。2023年7月に、世界6位、アジアNo1*のPRエージェンシーのベクトルグループに参画。同月にホワイトニング事業、プロケアホワイトニングを開始した。