最新のAIトレンドを営業の生産性向上方法と共にまとめた資料を配信

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:西江 肇司、東証プライム:6058)の子会社であるOwned株式会社(東京都品川区、代表取締役社長、石井翔、以下「当社」)は、AIの最新トレンドをまとめた「人材業界向けSFA×AIによる営業の生産性向上」の資料の2024年5月版(全30ページ)を無料公開いたしました。

 

 

 

 

今回のAI最新情報トピックスは下記の通りです。

・2024年4月のAIニュース
・人材業界での営業の生産性向上のためのSFA×AI活用術


2024年4月に入り、OpenAIはアジアでのビジネス展開を進める一環として、アジア初のオフィスを東京に開設しました。また、Metaは多言語対応や画像生成などの機能を有する先進的なオープンソース言語モデル「Meta Llama 3」を発表。このモデルはMetaの複数のプラットフォームに統合され、リアルタイム画像生成を含む多様なアプリケーションでの使用が可能となりました。

AI(人工知能)の活用とビッグデータ解析を組み合わせることで、幅広い産業で作業の効率化と自動化が実現し、より最適なビジネスの意思決定を支援できるようになりました。

AIの最新トレンドを把握することは、テクノロジーの進化に迅速に適応し、競争上の優位を保持するために非常に重要です。

本レポートを通じて、AIの最新トレンドをご理解いただけます。また、人材業界での営業力強化のためのAI活用術に関する情報についても注目です。

 

 

 

SFA(セールスフォースオートメーション)は、営業活動の効率化を図るためのシステムで、顧客情報の管理、営業プロセスの自動化、パフォーマンスの追跡などを一元的に行うことができます。

SFAとAIを組み合わせることで、顧客データの解析能力が向上し、より精度の高い顧客のニーズ予測や行動パターンの把握が可能になります。これらを組み合わせることで、営業提案のタイミングや内容を最適化することができ、効果的な顧客関係の構築と成約率の向上に寄与します。また、AIの活用によりルーティンワークが自動化され、営業担当者はより戦略的なタスクに集中できるようになります。

本レポートを通じて、SFA×AIがどのように営業の生産性向上に寄与するのかご理解いただけます。今後、AIの導入・活用をご検討されている方におすすめの内容です。

 

 

 

~デジタルマーケティング支援について~
医療・ヘルスケア・ライフエンディング等の人々の人生に関わるレガシーな領域を中心に、クライアント様のデジタルマーケティング支援を通して事業のバリューアップをサポートします。各クライアント様の専門チームが、新規顧客の獲得と顧客価値最大化を目指して、広告運用・SEO・SNS等のデジタルマーケティングの企画立案から実装まで一気通貫で支援いたします。


~Owned株式会社について(https://owned.co.jp/)~
2020年創業。東京都品川区。
代表取締役、石井 翔。大学在学中に株式会社終活ねっとにジョインし、わずか2年半で月間1,000万PVを叩き出したメディアの幹部として運営に携わる。株式会社終活ねっとがDMMにジョインするタイミングで、Owned株式会社を立ち上げ「デジタルの力で企業活動を一歩前に」「DXで健康のアンフェアがない世界を創る」というビジョンを見据え、「DXコンサルティング事業」「オンライン診療事業」の2事業を展開。2023年7月に、世界7位、アジアNo1*のPRエージェンシーのベクトルグループに参画。同月にホワイトニング事業、プロケアホワイトニングを開始した。